福屋広島駅前店で「カープ写真展」-巨人戦着用ユニホーム・オークションも

展示されている「激闘カープ」。抽選でプレゼントされる写真に申し込む人の姿も。

展示されている「激闘カープ」。抽選でプレゼントされる写真に申し込む人の姿も。

  • 0

  •  

 広島市民球場で11月23日に開催されるファン感謝デーを前に、福屋広島駅前店(広島市南区松原町、TEL 082-568-3111)1階の広場で同20日、「2008激闘カープ写真展」が始まった。

入札オークションを行う復刻ユニホーム

 会場では、今シーズン活躍した選手の激闘シーンを撮影した32枚の写真パネルを展示。そのほか、広島市民球場ファイナルシーズン企画として「復刻モデルユニホーム展示・入札オークション」とカープ選手似顔絵Tシャツ限定販売も同時に行う。選手の写真は、カープからカレンダーの撮影などを委託されている広告代理店「みづま工房」が撮影したもので、中には選手の直筆サインが入った写真の展示も。写真パネルは会期終了後、希望者に抽選でプレゼントする。

[広告]

 復刻ユニホームは9月23日から広島市民球場で開催された巨人戦で着用したモデルで、選手34人分・コーチ9人分の計43着すべてに直筆のサインが入っている。入札オークションの最低金額は10,000円から。入札同額の場合は抽選となり、オークションによる収益金は、広島交響楽団とカープのコラボコンサート「カープシンフォニー」の協賛金として広島交響楽団に寄付される。

 販売されたカープ選手の似顔絵Tシャツは、前田(智)選手、栗原選手、カープ坊や、女の子版カープ坊や、復刻版カープ坊やの5種類。同店では、10月にホームベース型の広島市民球場指定芝と同時に全選手のカープTシャツを販売しており、今回は人気の高かった種類を厳選して販売する。TシャツのサイズはMとL、女の子版はSとMを用意。従来、Tシャツのサイズはワンサイズでフリーサイズ(L)だったため、サイズ展開を求める声も多く、「今回のイベントのオリジナルとして発注した」と福屋販売促進部部長の佐々木光憲さん。

 初日は、開店と同時にこれまで観戦チケットとセットで販売されてきたTシャツを買い求める客の列ができた。「1人2枚まで」という制限があったため、何度も並ぶファンの姿や復刻ユニホームや選手の写真を携帯のカメラで収める客の姿も多く見られた。

 開催時間は10時~20時。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加