食べる

広島・うらぶくろに野菜中心のイタリアン-堺町のイタリアンが2号店

広島のうらどおりにオープンした「Dish袋町店」店内

広島のうらどおりにオープンした「Dish袋町店」店内

  •  
  •  

 野菜を中心としたイタリアンを提供する「Dish SAKAIMACHI」(広島市中区堺町)が10月18日、広島・うらどおりに2号店「Dish FUKUROMACHI」(袋町、TEL 082-545-3367)をオープンした。

ランチタイムで「人気の高い」セットメニュー

 同店は、「新世界」限定のワインバー跡にオープン。店舗面積は約9坪で、ヨーロッパ風の内装にはほとんど手を加えず居抜きで使う。席数はテーブルとカウンターの14席。厨房の狭さと席数がネックだったが、大きな仕込みは堺町店で行い、メニュー構成を変更することで解決。堺町店を構えて8年目を迎えた今年、広島市内中心部への出店を果たした。

[広告]

 ランチメニューは、野菜を使った5種類の料理とスープ、サラダをセットにした「野菜料理の盛り合わせ」やパスタ(以上1,000円)、肉や魚のメーンが付いた「ディッシュランチ」(1,500円)など。コース料理も用意する。

 ディナーメニューは、前菜、温かい料理、パスタ、デザートで構成。エビとブロッコリーのサラダ(600円)、うるめイワシのパン粉焼き(1,200円)、ナスとひき肉のラザニア(1,600円)、ホウレンソウのパルフェ(400円)など。堺町店に比べ品数は約半数に減ったが、同店オリジナルメニューを提供する。

 ドリンクはワインを中心にそろえ、ハートランド生ビール(700円)やカクテル(650円)も用意。今後はノンアルコールワインも扱う予定だという。ターゲットは30代以降の男女で、「女性客の利用が多い」とオーナーシェフの大賀清隆さん。客単価は、ランチ=1,000円~1,500円、ディナー=3,000円~4,000円。

 メニュー構成は異なるが、「種類が豊富なワインと野菜中心の食事は変わらない」と大賀さん。堺町店に比べてアルコール需要が高いことから、「ワインのあてになるようなメニューを増やしたい」とも。店舗間で異なった料理を提供して、堺町店との差別化を図る。

 営業時間は11時30分~15時、18時~23時。火曜定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019