広島・宇品の婚礼施設が洋菓子店出店-オーダーのウエディングケーキも

「スウィートデイズ」にはイチゴを使ったケーキも増えてきた

「スウィートデイズ」にはイチゴを使ったケーキも増えてきた

  •  
  •  

 宇品で婚礼施設「リーベリア」(広島市南区元宇品)を運営するリーベリアは昨年12月中旬、RCC文化センターそばにフランス菓子店「スウィートデイズ」(中区橋本町、TEL 082-502-6111)をオープンした。同社は進物を扱う大進(鉄砲町)のグループ会社。

白を基調にしたスウィートデイズ店内

 通りに面した広いガラス窓と白を基調としたシック内装が特徴的な同店。「シンプルで落ち着いた空間」(同店)をイメージしたという店内には、メーンのケーキと焼き菓子をディスプレーする。店舗面積は約35坪。

[広告]

 現在扱う商品の種類はケーキ、焼き菓子ともに13種類。同店のシェフが作った1日30個限定のクッキーシュー「もりちゃんのシュークリーム」(210円)やサブレ生地とガナッシュで出来た「タルト・ショコラ」(315円)、ミルクチョコババロアの「ジヴァラ・ラクテ」(399円)、マドレーヌ(84円)、フィナンシェ(105円)、ダック・ワース(136円)など。ほかにも、マカロン(5種類、各136円)や木イチゴの生キャラメル(63円)、ホールサイズのケーキ(1,260円~)も扱う。事前に予約が必要なウエディングケーキやバースデーケーキは、シェフと打ち合わせをして作るオーダーメードで対応。焼き菓子は詰め合わせ(367円~)も用意する。

 利用客の大半が女性で、価格帯が100円未満~約400円と「価格の手ごろさがウリ」(同)という同店の平均客単価は1,000円前後。今後は商品数を増やしていくという。

 営業時間は10時~19時。

  • はてなブックマークに追加