見る・遊ぶ

広島・マツダスタジアムに「パーティー席」 団体客向けに新座席

コンコース1塁側「かば広場」の上に新設する「オブジェデッキ」イメージパース

コンコース1塁側「かば広場」の上に新設する「オブジェデッキ」イメージパース

  •  

 今年で開場10年目を迎える「マツダZoom-Zoomスタジアム広島」(広島市南区南蟹屋2)に新たに2種類のパーティー席が登場する。

1塁側アウトドアデッキのイメージパース

 パーティー席は「アウトドアデッキ」「オブジェデッキ」にそれぞれ新設し、30~40人利用の団体客を対象に販売する。

[広告]

 アウトドアデッキは2階フロアに設けた2階席で、1塁側と3塁側に開設。定員は1塁側40人(16万円+利用人数分のフードコース代金)、3塁側30人(12万円+同)で、フードは3,000円と4,000円コースを用意する。

 メニューはタジン鍋を使ったパエリアやピザ生地を丸めて揚げたイタリアの揚げパン「コッコリ―」、イタリアのデザート「カンノーロ」など、同エリアのオリジナルをそろえた。デッキ部分にはソファやビーズクッションなどを置き、くつろぎやすい空間に仕上げた。

 オブジェデッキはコンコース1塁側「かば広場」の上に新設する。この席でしか見ることができないという「サングラスをかけた12体の赤い動物のオブジェ」を置き、エリア内の芝生スペースでは寝転ぶこともできる。試合が見えにくいエリアになるためモニターも用意。定員は37人(8万円+利用人数分のフードコース代金)で、「オランダ風パンケーキ」をメインとしたエリア限定コース(2,500円・3,000円)を提供する。