見る・遊ぶ 学ぶ・知る

広島で「世界キリンの日」 安佐動物公園で飼育員が特別解説

「世界キリンの日」に合わせて広島市安佐動物公園で飼育員が特別解説を行う

「世界キリンの日」に合わせて広島市安佐動物公園で飼育員が特別解説を行う

  •  
  •  

 広島市安佐動物公園(広島市安佐北区安佐町動物園)で6月16日、「世界キリンの日」に合わせて飼育員がキリンの特別解説を行う。

昨年行ったイベントの様子

 今月21日の「世界キリンの日(World Giraffe Day)」にちなんだ企画で、キリンの生態、野生での生息状況や保全活動、同園の飼育個体などについて、キリン展示場前で飼育員が解説する。このほか、入園者100人にオリジナル缶バッジを配布する。

[広告]

 「世界キリンの日」は、2009年にイギリスで設立された「キリン保全財団」が1年で最も昼が長い夏至の日に、首が最も長い動物であるキリンについて考えようと2014年に制定した記念日。南半球は夜が長い冬至が該当日になる。夏至は今年、日本では6月22日だがイギリスは21日。

 缶バッジ配布時間は入退場門で9時から先着順。特別解説は11時30分から。入園料は18歳以上65歳未満=510円、65歳以上・16歳~18歳=170円、小・中学生、乳幼児=無料。

  • はてなブックマークに追加