見る・遊ぶ

広島・横川商店街が地域色取り入れた「人狼カードゲーム」販売へ

横川胡子神社周辺で2月14日に行ったバレンタインイベントでもカードゲーム体験会を開いた

横川胡子神社周辺で2月14日に行ったバレンタインイベントでもカードゲーム体験会を開いた

  •  

 広島・横川商店街(広島市西区横川町)が2月14日、「人狼カードゲーム」を発売した。

横川に特化した「人狼カードゲーム」

 これまでアートやスポーツによるまちづくりをはじめ、「ゾンビナイト」「ガワフェス」などのイベントを開催するなど話題作りを行ってきた横川商店街。人狼カードゲームは2018年4月から、有志によるゲームイベント「横川人狼」を毎月開催しており、プレーヤーに横川の街ごと楽しんでもらおうと商品化したという。

[広告]

 パッケージやカードのデザインは地元イラストレーター6人が担当した。すべてのカードに横川エリアの「小ネタ」を載せ、地域色を強めた。

 販売価格は1,800円。アンテナショップ「ANGE PARTY(アンジュパーティー)」(横川町3)で販売する。