食べる 買う

広島駅前で「川の駅マルシェ」 県産カキの販売や飲食コーナーも

JR広島駅前にある複合施設「BIG FRONTひろしま」前の河岸緑地(猿猴橋北詰)

JR広島駅前にある複合施設「BIG FRONTひろしま」前の河岸緑地(猿猴橋北詰)

  •  

 JR広島駅前にある複合施設「BIG FRONTひろしま」前の河岸緑地(猿猴橋北詰)で2月3日、県産カキをメインにした飲食・販売イベント「川の駅マルシェ」が開催される。運営は広島駅南口開発。

 2016年末に整備が完了し、2017年春から定期船「WATER TAXI」の運航を行っている「川の駅」のにぎわい創出と、水辺の景観を生かして朝市やプラスアルファの楽しみを提案しようと2017年10月から月1回のペースで開いている「川の駅マルシェ」は今回で13回目。

[広告]

 期間中、野菜市のほかキッチンカー計5店が出店し、ステージイベントを展開。広島市かき養殖連絡協議会によるむき身カキ(500グラム=1,000円)、殻付きカキ(5個=500円)を販売するほか、飲食コーナーでは殻付き焼きカキ(1個=100円)、カキ鉄板焼き(1個=200円)、カキ入りお好み焼き(1/4サイズ=200円)を用意する。いずれも数量限定販売で売り切れ次第終了。

 開催時間は9時~15時。少雨決行。問い合わせは広島駅南口開発(TEL 082-262-9244)まで。