買う 暮らす・働く

広島の中山間地域を女性目線でPR 廿日市市の里山ドライブを切り口に

エディオン蔦屋家電1階イベントスペースでは今月末まで廿日市市の写真展を開催している

エディオン蔦屋家電1階イベントスペースでは今月末まで廿日市市の写真展を開催している

  •  

 広島駅前のエディオン蔦屋家電(広島市南区松原町)イベントスペースで3月17日、「はつかいちトーク&プチマルシェ」が開催される。

 廿日市市の中山間地域の資源PRとイメージアップを目的に、女性視点の商品・サービス企画を行う「ハーストーリィプラス」(西区草津新町2)が廿日市市から受託し、イベントを企画した。

[広告]

 30~40代の女性をメインターゲットに据え、女性目線での里山ドライブを切り口に展開する。廿日市市は広島市中心市街から車で30分~1時間の距離にある。同社が運営する、車やドライブ好きが集まる女性コミュニティー「走るオンナ倶楽部」が行ったアンケートによると、カフェやレストラン、温泉など自然を満喫できる佐伯・吉和地区へ訪れる女性が多かったという。

 トークでは文筆家・甲斐みのりさんがゲスト参加する。昨年末、実際に佐伯・吉和地区をドライブで走った甲斐さんが、同地区の魅力を語るほか、中山間地域のパン店やカフェで提供するお茶、雑貨を販売する。

 会場では女性目線で構成したドライブコース2種類と甲斐さんがセレクトした里山の魅力を紹介する小冊子の配布も行う。冊子は今後、広島市内のカフェや美容院に設置する予定という。

 開催時間は、トーク=13時30分~15時、マルシェ=11時~16時。参加無料。