天気予報

30

22

みん経トピックス

広島でスイーツコレクション広島に「ジューススタンド」

広島・流川に「宮島ビール」直営ビールスタンド 宮島への誘客図る

広島・流川に「宮島ビール」直営ビールスタンド 宮島への誘客図る

ビールスタンド「宮島ビール スプラウト」店内

写真を拡大 地図を拡大

 宮島ビール(廿日市市)は1月29日、広島・流川に立ち飲みスタイルのビールスタンド「宮島ビール スプラウト」(広島市中区流川町、TEL 090-6403-2010)をオープンした。

宮島ビールで提供する3種類の樽生

 宮島で屋台営業を行う、広さ110坪の「宮島パティオ」に次ぐ2店舗目。情報発信も行うアンテナショップとしての役割も兼ね、拠点を構える宮島への誘客を図ろうと出店した。店舗面積は約4坪。

 ドリンクはかんきつ系の香りと適度な苦みの「ペールエール」、香り豊かなの「オレンジビール」、クリーミーな「小麦のラガー」などのたる生を常時3種類そろえ、自社製品の焼酎「宮島とんぼ すみれ」「宮島とんぼ 神鹿」も用意する。価格は1杯400円。つまみと総菜も用意する。

 「皆さまの声を聞きながら成長していく店にしたい」と有本茂樹社長。店名のスプラウ(新芽)には思いを込めた。コアターゲット層は20~30代女性を想定。客単価は1,000~1,500円を見込む。同社では今年秋にレストランンとビール工場を宮島パティオ内に出店予定。

 営業時間は16時30分~21時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

新幹線口名店街店ではもみじまんじゅう丸ごと一個とフルーツを合わせたフローズンドリンクも販売する。写真は人気が高いという「フローズン瀬戸内レモンもみじ」。このほか、バナナやベリーなどのフルーツを使ったドリンクも用意する(関連記事)
[拡大写真]

アクセスランキング