男前な手芸集団「押忍!手芸部」、広島で展覧会-ワークショップも

7人の「男前」手芸部員を中心に作品を制作する「押忍!手芸部」

7人の「男前」手芸部員を中心に作品を制作する「押忍!手芸部」

  •  
  •  

 手芸が全くできないメンバーが2003年に結成した手芸集団「押忍!手芸部」の展覧会「アー・ユー・ハングリー?」が2月14日から、オリエンタルホテル広島(広島市中区田中町)1階のギャラリースペースで始まる。

色や形に特徴のある顔パス

 「余計なことは考えない」「完成図やデザインを描かない」「型紙を作らない」「まっすぐ縫おうとしない」などの7つ教訓の下、40代の「男前」(おっとこまえ)な男性7人を中心に構成された同手芸部。年齢や性別、人種や国境を越えた「おちゃめでキュートなアート手芸集団」(同手芸部部長の石澤彰一さん)には、「男前」なトップ部員のほか、きれいな女性の「押忍!手芸部・花組」、若そうなメンバーで構成されている「押忍!手芸部・ジュニア」、男子20代の「押忍!手芸部・ボーイズ」、お子さまの「押忍!手芸部・ミニ」などさまざま。部活に参加して作品を作った時点で、部員と名乗れるシステムで、現在部員は500人~600人ほどだが、「コアな部員は約20人」(同)だという。

[広告]

 作品の特徴は、「作り方、使う材料、できた後の遊び方、作品のタイトルネームすべてがキュート。なーんだ、私にも作れる!みたいな勇気を与えてくれる内容」と石澤さん。展示作品は、「巻きぐるみ」「ビフォー&アフター」「レット・イット・マシン」「ロボぐるみ」「てるてるプロポーズ」「おーい針山さん」「会議中にーやん」「ジュエリーやん」など1回目の部活から最新作まで100点以上。会場では、「顔パス」(2,525円)、「ぶさいくバック・青」(13,500円)、「ぶさいくサック」(5,500円)、「コブクロ」(2,900円)、「スケベア」(7,770円)、「フェルッチノネックレス」(8,888円)も販売する。

 初日の14日には、「20歳ぐらい以上の男女」を対象にワークショップ「押忍!手芸部・お部活」を同ホテル23階のムーングローで開催。「お部活前に余計な情報を入れてしまうと、余計な事を考えて個性が出なくなるから」(石澤さん)と内容については非公開。同日18時~19時30分には、ホテル1階のロビーラウンジでパーティーも開催予定。

 開催時間は11時~20時(最終日は17時まで)。入場無料。3月25日まで。ワークショップは、定員50人で参加費は材料費込みで2,525円。パーティー参加費は無料。

  • はてなブックマークに追加