食べる 買う

広島発祥の食パン専門店が「フレーバー食パン」 曜日ごとに味を変えて販売

曜日変わりの「フレーバー食パン」の販売を開始した食パン専門店「HOSHINO BAKERY」の主力商品「熟成生食パン」

曜日変わりの「フレーバー食パン」の販売を開始した食パン専門店「HOSHINO BAKERY」の主力商品「熟成生食パン」

  • 16

  •  

 広島を中心に6店舗を展開する食パン専門店「HOSHINO BAKERY(ホシノベーカリー)」が7月、曜日変わりの「フレーバー食パン」の販売を開始した。

[広告]

 独自の製法で作る「熟成生食パン」(2斤=850円)が主力商品の同店。利用客やスタッフの声を生かし、「普段とは一味違う風味も感じてもらいたい」(千田店店長の是松和宏さん)と、フレーバー食パンを考案した。

 販売するのは、月曜=「信州ふじアップルシナモン」、火曜=「レモン&クリームチーズ」、水曜=「もちもちごろごろチーズ」、木曜=「ベルギーカカオホワイトチョコ」、金曜=「ロイヤルミルクティー」。価格はいずれも1斤=850円。「もちもちごろごろチーズ」のみ1.5斤=950円。販売数は1日10~15本。予約不可の先着順で、全店で販売する。

 是松さんは「バターやジャムを付けなくてもおいしく食べられるので、忙しい朝やほっと一息つく時間に幸せになって欲しい」と話す。

 「HOSHINO BAKERY」は、2020年12月に1号店として千田店をオープン。現在は、白島店、千田町店、呉店、己斐店、向洋店、岩国店の6店舗を展開している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース