見る・遊ぶ

カープが「車いす専用席」を新設 3塁側に7人までのグループ席で

2020年シーズンから3塁側に新設する車いす専用のグループ席「ハートフルシート」イメージパース

2020年シーズンから3塁側に新設する車いす専用のグループ席「ハートフルシート」イメージパース

  •  
  •  

 広島東洋カープが2020年シーズンから車いす専用のグループ席「ハートフルシート3塁側」を新設すると1月20日に発表した。

 新座席は、1塁側にある車いす専用のグループ席「ハートフルシート」と同様に、車いす利用者を含む家族3世代で試合観戦を楽しめる席をコンセプトに設ける。料金は2万3,100円。最大7人まで利用できるが、車いす利用者が1人~3人含まれることが条件となる。

[広告]

 「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」(南蟹屋2、マツダスタジアム)では、2009(平成31)年から2019年8月22日までの車いす席、介助席の来場者数は8万101人を記録している。

 車いす席の優先チケット販売は、2月3日11時~2月5日15時まで。球団公式ホームページやファクスで受け付ける。先着順。

SmartNews Awards 2019