3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

広島最大の被爆建物「旧広島陸軍被服支廠倉庫」を見学、市民団体が主催

広島市南区にある「旧広島陸軍被服支廠倉庫(ひふくししょうそうこ)」外観

広島市南区にある「旧広島陸軍被服支廠倉庫(ひふくししょうそうこ)」外観

  •  
  •  

 広島に現存する最大の被爆建物である「旧広島陸軍被服支廠倉庫(ひふくししょうそうこ)」の建物見学会が1月11日から3日間、開催される。

 広島市内で建築公開イベントなどを行っている市民団体「アーキウォーク広島」が主催する。1日2回開催で、敷地内は立入禁止のため、外観を見学するという。

[広告]

 旧広島陸軍被服支廠倉庫は、旧陸軍の軍服・軍靴等の貯蔵を目的に1913(明治46)年、レンガと鉄筋コンクリートの併用構造で建てられた4棟の赤レンガ倉庫群。広島に現存する軍需工場の遺構としては最大規模で、被爆時には倒壊を免れたため、押し寄せる負傷者を収容する臨時救護所になった。

 1995(平成7)年に民間の倉庫利用が終了し、活用策について検討されてきたが、規模が大きく耐震性能がないことや、耐震改修工事には多くの費用が掛かることなどから、活用策の結論は出ていない。保存にかかる費用は、1棟の外観保存に約5億円、耐震化した場合には約28億円が見込まれるという。倉庫3棟を所有する広島県は昨年12月に2棟を解体する方針を示している。

 開催時間は11時~11時50分、13時~13時50分。参加無料。

Stay at Home