食べる

そごう広島にタピオカドリンク専門店「TEA18」 台湾茶のボトル販売も

オープン初日は、開店から常時50人ほどが売り場を囲うように列を作った

オープン初日は、開店から常時50人ほどが売り場を囲うように列を作った

  •  
  •  

 台湾茶とタピオカドリンク専門店「TEA18(ティーエイティーン)」が8月9日、そごう広島店(広島市中区紙屋町、TEL 082-836-4786)本館にオープンした。

高級台湾茶葉を使ったボトルティーとタピオカミルクティー

 ティーエイティーンは、本館地下1階の洋菓子店「マリオデザート」跡に出店。店舗面積は23.5平方メートル。テークアウト販売のみで営業する。メニューはボトルティー4種類、タピオカドリンク24種類の計28種。

[広告]

 ボトルティーは、高級台湾茶葉「台茶18号」を使ったストレートティーを専用ボトルに入れて販売する。店頭で注文を受けてから一杯一杯抽出し、入れたての豊かな香りと茶の味が特徴という。タピオカドリンクは、黒糖味のタピオカを使った鉄観音、アッサム紅茶などの定番ミルクティーや東方美人茶、ジャスミン茶などをそろえる。甘さは無糖から全糖までの4段階に分け、氷の有無もカスタマイズできる。タピオカドリンクの無料トッピングは黒糖タピオカだけでなく、仙草ゼリー(センソウ)、愛玉子ゼリー(オーギョーチ)から1種類を選べる。中心価格帯は420円~450円で、20代~30代女性の利用が多い。

 広島への出店について、ティーエイティーンを運営するネットタワー(東京都板橋区)担当者は、「今春出店したそごう横浜店の客層にもマッチしたことから、そごう広島店へ出店を提案した」という。ティーエイティーンは、2017(平成29)年に渋谷マルイに出店し、翌年にはエキマルシェ大阪に進出しており、同店で4店舗目。

  営業時間は10時~20時。

 広島には昨年9月に台湾、韓国、シンガポールなどに500店舗展開する台湾茶ブランド「KOI The(コイティー)」が大型SC「イオンモール広島祇園」に出店。続けて、今年3月に大型SC「イオンモール広島府中」、同年4月にイオンモールが運営・管理するアウトレットモール「THE OUTLETS HIROSHIMA(ジ・アウトレットヒロシマ)」でもそれぞれ展開する。

 このほか、台湾ティーカフェ「Gongcha(ゴンチャ)」が今年7月、紙屋町の地下街ショッピングモール「シャレオ」内にテークアウト専門のカフェスタンドとしてオープン。広島本通り北側の中の棚エリアにも7月20日にタピオカドリンクを提供する「台楽茶(タイラクチャ)」が出店し、今月1日には、西区の複合商業施設「LECT(レクト)」フードコート内に原宿や心斎橋で人気の台湾タピオカドリンク専門店「辰杏珠(シンアンジュ)」がオープンした。広島駅商業施設「ekie(エキエ)」に10月2日開業する駅北口1階の「ekie KITCHEN(エキエキッチン)」にもタピオカミルクティー発祥店の台湾カフェ「春水堂(ちゅんすいたん)」が中四国エリア初登場する。

  • はてなブックマークに追加