買う

広島でカープグッズ500点集めた催事企画 デカTシャツや御朱印帳も

開店直後の「真夏のカープ百貨店」会場

開店直後の「真夏のカープ百貨店」会場

  •  
  •  

 カープグッズ約500点を集めた催事企画「真夏のカープ百貨店」が8月8日、福屋広島駅前店(広島市南区松原町)で始まった。

グローブ型にデザインした「勝利つかミトン」

 食料品や衣類、バッグ、パスケース、御朱印帳、クッション、弁当箱など、さまざまなカープグッズを集めた催事は今回で4回目。初登場する限定グッズを目当てに開店直後から売り場に客が駆け付け、レジには長い列ができた。

[広告]

 コラボグッズの中でも、カープの球団ロゴをプリントした4LサイズのデカTシャツ(2,700円)と傘ホルダー付きで背面を簡易椅子としても利用できる赤いキャリーバッグ(9,720円)、梅花とカープ坊やをデザインした御朱印帳(1,700円)は開店直後から売れ行きが好調。デカTシャツと御朱印帳は今年もデザインを刷新して販売した。

 福屋で働くカープ好きな女性スタッフが集まり、昨年発足した「FUKUYA鯉ガールズ」は、日常生活に取り入れやすい野球のグローブ型ミトン(2,700円)、牛乳ビンをモチーフにした白乳色のステンレスボトル(2,700円)を含む4点を考案した。

 館内で取り扱うカープグッズや食料品に加え、カープオリジナルグッズの販売を行う「カープベースボールギャラリー」の運営を手掛ける「カルピオ」の商品も取り扱う。菓子は帰省土産にまとめて購入する客の姿も目立った。販売のほか、2017年度からのサヨナラ勝ちした試合の中から厳選した写真と球団が販売する限定Tシャツ各20枚を展示し、フォトスポットも設ける。

 営業時間は10~20時。今月14日まで。

  • はてなブックマークに追加