見る・遊ぶ

広島・瀬戸内海エリアに新たな「観光型高速クルーザー」 2020年夏、就航へ

2020年夏に就航予定の「観光型高速クルーザー」イメージパース

2020年夏に就航予定の「観光型高速クルーザー」イメージパース

  •  
  •  

 JR西日本と瀬戸内海汽船は5月8日、観光型高速クルーザーを開発・導入し、鉄道と船舶を組み合わせた新たな観光周遊ルートの構築に着手すると発表した。

 就航は2020年夏を予定。東京オリンピック・パラリンピック、秋に実施する「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に合わせて、瀬戸内を観光客が繰り返し訪れる一大周遊エリアとすることを目指して取り組む。

[広告]

 新造船舶はスーパーヨット型のデッキを備えた観光型高速クルーザーで、船舶自体も観光コンテンツとして活用する。座席定員は約90人。旅行会社によるチャーターも想定する。

 周遊ルートは両社が2018年より販売する高速船で島々を巡るツアー「せとうち島たびクルーズ」の立寄港をベースに、とびしま海道エリア~しまなみ海道エリアで検討を進める。

  • はてなブックマークに追加