暮らす・働く 学ぶ・知る

広島で「Uber Taxi」配車 第一交通産業、NISIKIタクシーと協業

「Uber」アプリ画面。広島では2社がサービス提供を始めた

「Uber」アプリ画面。広島では2社がサービス提供を始めた

  •  
  •  

 Uber Japan(ウーバージャパン、本社=東京都渋谷区)と第一交通産業(本社=北九州市小倉北区)、NISIKIタクシー(広島市西区中広町2)が4月、広島でタクシーの配車サービスを始めた。

 ウーバーのプラットフォームを使い、スマートフォンの専用アプリから地域のタクシー会社に配車を依頼できる同サービス。国内では名古屋、大阪、仙台、青森、郡山で展開している。

[広告]

 アプリでは到着時間の確認やGPSを使った位置情報の共有、利用場所の保存、電話アイコンをタップしてドライバーと直接連絡できる「VoIP(Voice over IP)」機能が利用できる。外国語にも対応し、タブレットを使って案内する。協業するタクシーのメーター料金が適用され、支払いはカード決済のみ。

 対象エリアは広島市と安芸郡で、広島駅を中心に展開する。広島での導入について、同社担当者は「アプリダウンロード率が高く、観光やビジネスで来られた方の利用頻度も高い」と話す。インバウンド需要を考え、今後は広島空港など順次エリアを拡大していく予定。

  • はてなブックマークに追加