天気予報

34

25

みん経トピックス

オタフクソースが初の飲食店広島・袋町に郷土居酒屋

広島・尾道から客船「ガンツウ」で瀬戸内周遊 今秋、就航へ

広島・尾道から客船「ガンツウ」で瀬戸内周遊 今秋、就航へ

瀬戸内海に広く生息するイシガニ「ガンツウ」が船名の由来という

写真を拡大 地図を拡大

 せとうちホールディングス(尾道市浦崎町)が10月17日、客船「gunt?(ガンツウ)」を広島・尾道で就航すると4月11日に発表した。

中四国の瀬戸内海を回る周遊コース

 ガンツウは「せとうちに浮かぶ小さな宿」をコンセプトに福山市の常石造船工場で建造を進めてきた宿泊型の客船。全長81.2メートル、全幅13.75メートル。屋根瓦のある瀬戸内の風景に溶け込むように設置した屋根と海の色にあわせて変化するシルバーの船体が特徴で、建築家の堀部安嗣氏が設計した。

 ツアーは2泊3日、3泊4日を中心に瀬戸内海を巡る5航路を予定する。発着地の「ベラビスタマリーナ」(尾道市)から瀬戸内海沿岸の景勝地を錨泊しながら周遊し、船に搭載したテンダーボートを利用して各地のイベントや無人島にも乗客を案内するという。現時点では最東部は岡山県の日生沖エリア、最西部は山口県上関沖付近を想定している。

 客室は全19室で乗客数は38人。「ザ ガンツウスイート」=1部屋・露天風呂付き、「グランドスイート」=2部屋・露天風呂付き、「テラススイート」=2部屋・露天風呂付き、「テラススイート」=14部屋・露天風呂なしの4タイプで全室テラス付き。室料は1室2人利用で1泊40万円~100万円。料金には広島空港およびJR福山駅からベラビスタマリーナまでの送迎や船内での飲食、船外体験も含まれる。

 船内には展望デッキやダイニング、縁側、カフェバー、ジム、エステ、サウナ付き大浴場などを用意し、メインダイニングでの食事は東京・原宿の老舗割烹「重よし」、寿司は兵庫県「淡路島 亙(のぶ)」、和菓子は奈良県「樫舎(かしや)」がそれぞれ監修するという。

 予約や販売は東京・日比谷の帝国ホテル本館内にオープンする「ガンツウ ギャラリー」(TEL  03-6823-6055)にて、今月11日より店頭と電話で受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

限定バーガー、トマトと一緒に県知事を表敬訪問(関連記事)
[拡大写真]

アクセスランキング