学ぶ・知る

カープファンが豪雨災害の義援金に協力 3日間で1,470万円集まる

7月20日にたる募金をおこなった松山選手、九里選手ら

7月20日にたる募金をおこなった松山選手、九里選手ら

  •  

 カープとジャイアンツの選手、監督らが7月20日から3日間、Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム、広島市南区南蟹屋)で平成30年7月豪雨の被災地支援として義援金の呼び掛けを行った。

 初日の20日には新井選手、菊池選手、田中選手、丸選手、鈴木選手、松山選手らが登場した。選手は2014年に発生した広島市豪雨災害の義援金募集と同じたるを手に、ファンにお礼を述べながらハイタッチを交わした。

[広告]

 グッズショップそばで義援金の呼び掛けを行い、協力するファンの列は階段を上がり、コンコースを1周した。選手は10分おきに入れ替わり、最終的にはスラィリーがハイタッチに応じた。

 球団によると、3日間で集まった義援金は1,470万6,122円。社会福祉法人中国新聞社会事業団を通じて広島県、広島市、日本赤十字社へ送られ、被災者支援に充てられる。

 カープは7月24日から3日間、由宇球場で行う対ソフトバンク戦でも両チームの選手が義援金の呼び掛けを行う。開催予定時間は11時30分~13時30分(選手による呼び掛けは11時40分~11時50分予定)。三塁側外周で行う。