見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島・平和記念公園レストハウスが休館へ 耐震補強し、2019年リニューアル

改修工事を行う広島・平和記念公園レストハウス外観

改修工事を行う広島・平和記念公園レストハウス外観

  •  

 広島・平和記念公園レストハウス(広島市中区中島町)が2月1日から、耐震補強などの改修工事のため、休館している。

 施設は鉄筋コンクリート造の地上3階・地下1階建てで、施設全体の広さは約1000平方メートル。改修中の観光案内は3月31日まで、平和記念資料館東館1階で行い、4月1日からは同公園内「原爆の子の像」の西側に仮設施設を設置して観光案内を行う。

[広告]

 改修後の1階フロアはこれまでと変わらず、観光案内所や売店、休憩スペースを整備し、コンベンションビューローが入っていた2階・3階フロアは、2階=休憩スペース、3階=旧中島町の資料展示室として公開する。被爆当時の姿を残す地下1階は休館前から一般公開するが、改修後も公開を続けるという。

 改修に合わせて、新たに増床棟を施設隣に建て、エレベーターやトイレを外付けで造る。現在、施設外にあるトイレは取り壊すという。

 完成は2019年12月予定。