見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島に新たなご当地キャラ「安佐美 なみ」-投票でビジュアル決定

321票を集めた1位作品を手にほほ笑む田坂さん

321票を集めた1位作品を手にほほ笑む田坂さん

  •  

 広島市安佐南区のご当地キャラクターを決定する公開投票が2月23日・24日、「イオンモール広島祇園」(広島市安佐南区祇園3)で開催された。

2位と3位は同じ作者が執筆

「安佐南区」の響きから連想される女性キャラクターをビジュアル化して、区のイメージアップなどにつなげようとする取り組みは、広島経済大学、広島修道大学、安田女子大学の漫画研究会が主催。昨年6月、「あさみ なみ」誕生プロジェクトチームを発足以降、毎月ミーティングを開き、各校で連携を図りながら、進めてきた。

[広告]

 キャラクターの名前は、「安佐美 なみ」(18)。公的利用のほか、商業ベースでの活用も視野に入れ、設定は簡素にしたという。年齢は社会人でも大学生・高校生でも適応できるよう意識した。会場には、予選を勝ち抜いた39作品が登場。区のカラーである青や緑のほか、シンボルマークの「ペン先」を衣類のアクセントに使った作品も目立った。

 当日は休日とあって家族連れなどでにぎわいを見せ、2日間で2,050人が投票。上位3作品がランキング形式で発表され、1位には、「女子高生をモチーフにした」という広島修道大学2年の田坂尚子さん(20)の作品が選ばれた。田坂さんは、「みんなに愛されるキャラクターに育ってほしい」とコメントした。

 今後は地域企業と連携を図り、オリジナルグッズの制作も検討するという。