食べる

黒豚豚骨ラーメン「金田家和田党」が2号店-サイドメニュー排し回転上げる

中央通り近くに出店した「金田家和田党広島新天地」。女性客の利用も多いという。

中央通り近くに出店した「金田家和田党広島新天地」。女性客の利用も多いという。

  •  
  •  

 福岡のラーメン店「金田家(かなだや)」(福岡県行橋市)がのれん分けした広島1号店「金田家和田党」(広島市中区宝町)が1月15日、新天地に2号店(TEL 082-246-7122)をオープンした。

店内の様子

 広島パルコやアサヒビール会館からほど近い中央通り沿いにオープンした同店は、現役競輪選手の和田誠吾さんが経営するラーメン店。店舗面積は約9坪、席数はカウンター11席で、少数スタッフで接客に当たる。壁面はガラス張りにして、店内の明かりや様子を通りから眺められるように工夫。女性の「口コミ」力にも着目し、女性客が来店しやすい雰囲気作りも心掛けた。

[広告]

 メニューは、1号店で提供するものから厳選。黒豚を使った豚骨ラーメン(680円)をメーンに、チャーシュー麺(880円)や白ネギ、モヤシ、煮卵(以上100円)、辛みそ(50円)のトッピングのほか、おにぎり(90円)をそろえる。サイドメニューのギョーザやアルコールを提供しないことで回転率を上げる。

 飲んだ後の締めやバーなど夜間に働くスタッフが立ち寄れるよう翌4時まで営業する同店。4月にはランチタイムからの営業も予定する。ラーメンのスープは宝町店から持ってくるため、「(ラーメンの)味は変わらない」と和田さん。店舗間でも変わらぬ味を提供できるシステム作りに力を入れる。

 営業時間は20時~翌4時。日曜定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019