広島に明瞭会計がウリの居酒屋-全品555円以下で提供

写真=町家のような外観とたるの看板がかかる居酒屋555

写真=町家のような外観とたるの看板がかかる居酒屋555

  •  
  •  

 明瞭会計を売りにした居酒屋555(ゴーゴーゴー)(広島市中区流川町7、TEL 082-247-6130)が7月1日、流川通りそばにオープンした。

 同店はドリンク、フード全品555円以下で提供する居酒屋。「昭和レトロ」をイメージした店内には、オークションで入手した古いテレビやドラマのポスターが貼られる。1階の板場から2階の客席に通じる滑車では、お通しの小鉢やしょうゆ皿を上げ下げする。

[広告]

 店舗面積は約10坪。席数は、1階=カウンター8席、2階=座敷18席の計26席。メニュー表は屋台をイメージして、梁に一品ずつ手書きの紙を貼っている。555円を超えることもあるが、市場に出ていない日本酒や焼酎が手に入ることもあるという。「気軽に声を掛けてもらえれば」と店長の藤本友和さん。

 主なメニューは、季節ごとの野菜を使用した「旬の野菜白和え」(380円)、3種類の刺身が盛られた「本日のお刺身盛り合わせ」(555円)、一口大に切り落とした豚バラを塩ダレに漬けて炒めた「豚バラの塩香味焼き」(555円)など全47品。ドリンクメニューは、生ビール(555円)、日本酒(500円)、焼酎(500円)、カクテル(500円)、烏龍茶(380円)ほか全58種類。ドリンクの平均価格は500円。

 オーダーの8割を占める90分の飲み食べ放題コース(2,500円)と1日食べ飲みが自由なフリーパス券(5,000円)はフード、ドリンクメニューを用意する。ターゲット層は、20~30代の男女。予約不要の90分食べ飲み放題が人気で、客単価は2,500円。

 23歳の男性が2人で切り盛りしている同店。仕込みをはじめる15時前、眠たそうな目を擦りながら「元気だけは負けない店にしたい」と藤本さんは意欲をみせる。

 営業時間は17時55分~5時55分。水曜定休。

広島に名古屋・手羽先居酒屋「世界の山ちゃん」-中四国初出店(広島経済新聞)大阪下町の味を広島で-袋町に関西風お好み焼き鉄板居酒屋(広島経済新聞)的場町の居酒屋がリニューアル、店名も「アリとキリギリス」に改称(広島経済新聞)

  • はてなブックマークに追加