見る・遊ぶ 学ぶ・知る

広島の水族館に「白ナマコ」 山口県で捕獲、漁協関係者が寄贈で

白ナマコは水族館に入って右側で展開する「瀬戸内水槽」で、2種類のナマコやアナゴなどと一緒に展示する

白ナマコは水族館に入って右側で展開する「瀬戸内水槽」で、2種類のナマコやアナゴなどと一緒に展示する

  • 84

  •  

 マリホ水族館(広島市西区観音新町4)で2月14日、白ナマコの展示が始まった。

 白ナマコは、山口県周南市沖合で1匹捕獲された。周南市粭島(すくもじま)の漁協関係者が寄贈し、館内の瀬戸内の海ゾーンで1匹常設展示する。

[広告]

 通常、敵から身を守るために周囲と同じ黒や茶色になるナマコ。全身が真っ白なマナマコ(白ナマコ)は10万匹に1匹程度しか生まれないとされており、希少価値が高いという。

 営業時間は10時~17時(土曜・日曜・祝日、4月~10月は19時まで)。