見る・遊ぶ 買う

広島・尾道で「本とまち」を楽しむブックイベント 瀬戸内エリアの書店が参加

尾道を舞台に「本とまち」を楽しむブックイベント「小さな『本とおのみち』展」を開く、JR尾道駅舎2階のブックラウンジ

尾道を舞台に「本とまち」を楽しむブックイベント「小さな『本とおのみち』展」を開く、JR尾道駅舎2階のブックラウンジ

  • 58

  •  

 広島・尾道で11月18日、尾道を舞台に「本とまち」を楽しむブックイベント「小さな『本とおのみち』展」が11月18日、JR尾道駅舎2階のブックラウンジで始まった。

「文学のまち」としても知られる尾道

 志賀直哉や林芙美子など多くの文人墨客を魅了し、「文学のまち」としても知られる尾道で、TLB(尾道市西御所町)、女性クリエーターユニット「あいだproject」が瀬戸内エリアの書店や尾道で営業する店などの協力を得て企画した。尾道駅舎のほか、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターでも展開する。

[広告]

 本をセレクトするテーマは「駅と旅」。尾道駅から旅に出発する、尾道駅に到着する旅をイメージして、旅行に持っていきたい1冊を参加店が紹介する。

 参加店は、「紙片」「古本屋 弐拾dB」「啓文社」「AIR zine 編集室」(以上、尾道)、「READAN DEAT」「本と自由」「nice nonsense books」「bookscape」「UNLEARN」「羅秀夢」(以上、広島)、「451 BOOKS」「Bris?es」「古本斑猫軒」(以上、岡山)、「book studio solow」「YOMS」(以上、香川)、「汽水空港」(鳥取)、「蛙軒」「襟巻編集室」(以上、愛媛)、「アカツキプレス」(東京)。

 尾道からは、「ALL TIME CLASSICS by NINES」「尾道市向島子ども図書館」「ONOMICHI SHARE」「尾道市立因島図書館」「尾道市立瀬戸田図書館」「ONOMICHI DENIM SHOP」「活版カムパネルラ」「桂馬蒲鉾商店」「香味喫茶ハライソ珈琲」「ごはんと珈琲 アルト」「私設図書館『さんさん舎』」「浄泉寺」「chocotoko」「綴(つづ)る。」「Nuttsponchon」「みらいのこども舎」「民芸創作提灯 山さき」などが参加する。

 開催時間は10時~18時。今月30日まで。