学ぶ・知る

JAF広島支部が強風や大雨時の運転控えて 台風接近で呼び掛け

台風接近の予報を受け、ドライバーに強風や大雨時の運転は控えるよう呼び掛けている

台風接近の予報を受け、ドライバーに強風や大雨時の運転は控えるよう呼び掛けている

  • 18

  •  

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)広島支部(広島市西区庚午北2)が台風接近の予報を受け、ドライバーに強風や大雨時の運転を控えるよう呼び掛けている。

 台風が西日本に接近すると、雨や風が強まり、天候の急変により、河川の増水や氾濫、激しい突風に注意が必要となる。JAFによると、平成30年7月豪雨が発生した2018年7月6日~10日の広島県内の救援要請は2338件と前年に比べて333%と非常に高く、うち冠水に関わる要請は968件で大雨の影響で多くのトラブルが発生したことが分かる。

[広告]

 強風時の車両ドアの開閉には注意が必要で、風速30メートル毎秒を超えると風にあおられ、大人でもドアが抑えられないことがあるという。JAFでは、台風接近時の注意点や過去の救援要請の内容をホームページで公開している。

 広島地方気象台は今月4日、非常に強い台風10号は、7日日中に広島県に最も近づく見込みと発表。6日夜から風が強まり、7日は暴風域に入る可能性があるため、最新の情報に注意し、大雨による土砂災害、浸水害、河川の増水、暴風による災害への備えを呼び掛ける。

Stay at Home