食べる

広島の駄菓子「ビッグカツ」が金沢カレーとコラボ ツイッター交流通じて商品化

ロングセラー駄菓子「ビッグカツ」と金沢カレーがコラボした「ビッグカツカレー」

ロングセラー駄菓子「ビッグカツ」と金沢カレーがコラボした「ビッグカツカレー」

  • 111

  •  

 魚介加工品の製造販売の「すぐる」(呉市広末広1)のロングセラー駄菓子「ビッグカツ」と金沢カレー店「カレーのチャンピオン」「チャンピオンカレー」がコラボした「ビッグカツカレー」の提供が7月27日、始まった。

3倍ほどサイズが大きい「ビッグカツの肉」

 ツイッターでの交流をきっかけに商品化した同メニュー。通常サイズの「ビッグカツ」よりも3倍ほどサイズが大きい「ビッグカツの肉」を店舗で揚げて、カレーにトッピングして提供する。見た目のインパクトだけでなく、揚げたてのサクッとした食感が特徴という。「ビッグカツ」単品での提供も可能で、別メニューへの追加トッピングやスナックとして食べることができる。

[広告]

 「ビッグカツの肉」は、自宅で自分好みの味付けや形の「ビッグカツ」が作れる商品「おうちdeビッグカツ」として、すぐるが今年5月、数量・期間限定で販売した。「ビッグカツの肉」一枚当たりの大きさは、通常サイズの「ビッグカツ」11枚分に相当する。

 同社では、「ビッグカツはできたてが一番おいしい」との思いから、以前より、出来たてを食べてもらえるか試行錯誤を重ねてきたが、コロナ禍での自宅時間を楽しんでもらおうと販売を決めたという。

 カレーの提供店は、石川、富山、東京、新潟の9店舗。価格は650円。ビッグカツの単品購入は100円。無くなり次第終了。