3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

広島の観光農園が「巣ごもりいちご狩り」提案 完熟イチゴを宅配で

平田観光農園が提案する「巣ごもりいちご狩り」動画説明のワンシーン。イチゴの宅配は、出荷メインの農家に迷惑を掛けないように考えたという。

平田観光農園が提案する「巣ごもりいちご狩り」動画説明のワンシーン。イチゴの宅配は、出荷メインの農家に迷惑を掛けないように考えたという。

  • 44

  •  

 広島で年間150品種の果物を栽培する「平田観光農園」(三次市上田町、TEL 0824-69-2346)が4月14日から、自宅でイチゴ狩り気分を味わえる「巣ごもりいちご狩りセット」の販売を始めた。

自宅に届く「巣ごもりいちご狩り」セット内容

 新型コロナウイルスによる外出自粛を受け、自宅でイチゴを楽しみながら味わってもらおうと企画した。セット内容は、完熟イチゴ2パック(1人前約20粒)、同園で使っているへた入れとポーションタイプのミルク各2個、説明書。同園専属のイチゴ狩り案内人「イチゴちゃん」が自宅でのイチゴ狩りをレクチャーする説明動画付き。イチゴは重ならずに梱包(こんぽう)できる専用容器に入れ、鮮度を保ち、ダメージを軽減する。注文は2人前(4,536円)から、同園ホームページで受け付ける。

[広告]

 販売開始後は、同園を訪れたことのある利用客や、ギフト注文があり、SNSでの口コミや感想も増えているという。同園では社員総出で収穫、発送作業を行っている。担当者は「農園直送なので、鮮度を重視して発送するよう心掛けている」と話す。完熟イチゴがなくなり次第、販売終了。

 同園では今年、新型コロナウイルスの影響で3月以降の団体予約が全てキャンセルとなり、4月11日の緊急事態宣言後には個人客のキャンセルも相次ぎ、売り上げは前年比でマイナス95%という。

Stay at Home