見る・遊ぶ

広島に新たな観光列車、2020年秋に導入 「瀬戸内マリンビュー」は運行終了へ

2020年秋に広島で運行開始予定の新たな観光列車イメージパース

2020年秋に広島で運行開始予定の新たな観光列車イメージパース

  •  
  •  

 JR西日本が7月17日、広島に新たな観光列車を2020年秋ごろに導入すると発表した。

広島で運行予定の観光列車の内装イメージ

 2020年10月~12月に広島を中心に倉敷、松山、今治など、周辺エリアで開催する「せとうち広島ディスティネーションキャンペーン」(以下、広島DC)に合わせて導入する。広島DCは、さまざまな観光資源を有する広島を中心とした瀬戸内エリアでの広域周遊ルート構成を目指す「せとうちパレットプロジェクト」の一環として実施する。

[広告]

 運行区間は、JR呉線および山陽本線の宮島口駅~尾道駅間。車両は現在、「瀬戸内マリンビュー」に使っているキハ47系気動車、2両編成を改装する。外観は瀬戸内海の青や海岸線から見える白など、「せとうち」を表現したデザインを取り入れ、内装は、景観が楽しめるように大きな窓を配置。カウンターやテーブルなどの座席をそろえ、車内販売で地元の名産品を取り扱う予定。

 「瀬戸内マリンビュー」は新たな観光列車の導入に伴い、運行を終了する。運行終了日は未定。

  • はてなブックマークに追加