見る・遊ぶ

広島で観光列車が運転再開へ JR呉線の全線開通に合わせて

平成30年7月豪雨の影響により運休していた観光列車「瀬戸内マリンビュー」

平成30年7月豪雨の影響により運休していた観光列車「瀬戸内マリンビュー」

  •  

 広島から三原の瀬戸内海沿いを走る観光列車「瀬戸内マリンビュー」が12月15日、運転を再開する。

 観光列車は平成30年7月豪雨の影響により運休していたが同日、JR呉線の安浦-三原駅間の運転再開に伴い、呉線の全線開通に合わせて運転を開始する。

[広告]

 運行時間は上り=広島駅10時14分発、呉駅11時10分発、三原駅12時40分着。下り=三原駅14時25分発、呉駅16時22分発、広島駅17時22分着。運転日は12月、来年1月、2月の土曜・日曜・祝日と1月1日~3日を予定。指定席は今月5日からJR駅や旅行代理店などで販売する。

 今月15日には、広島から三原に向かう瀬戸内マリンビューの運転に合わせて地域住民らが駅や沿線でおもてなしやイベントを行う予定。