見る・遊ぶ

広島「ゆかたできん祭」で「カープしゃもじ」配布 歩行者天国で踊り呼び掛け

「とうかさん」に合わせて、2003年から始まった市民参加型の夏祭り「ゆかたできん祭」

「とうかさん」に合わせて、2003年から始まった市民参加型の夏祭り「ゆかたできん祭」

  •  
  •  

 広島市中心部の中央通りで6月8日、市民主体の浴衣祭り「ゆかたできん祭(さい)」に合わせて「カープ応援しゃもじ」を100個無料配布する。

踊りの参加者に先着で配る「カープ応援しゃもじ」

 カープ坊やが描かれた紅白の同しゃもじは、針製造・プラスチック成形を手掛ける「横山セイミツ」(安佐南区長束5)が作った球団公式グッズ。今年から新たに採用された中央通りの歩行者天国で開く、同祭のメインイベント「ゆかた踊りんさい」の公式イメージソングがしゃもじを持って踊る振り付けであることから、同社が協賛した。しゃもじは踊り参加者を対象に配布する。

[広告]

 「ゆかたできん祭」は、円隆寺(広島市中区三川町)の稲荷大明神(とうかだいみょうじん)で毎年6月の第1金曜から3日間に渡り開催する夏祭り「とうかさん」に合わせて、2003年(平成15年)から始まった市民参加型の夏祭り。実施エリアは中央通り、シャレオ中央広場、本通、袋町公園、東新天地公共広場など、市内中心部一帯。

 配布時間は19時50分~。中央通り特設ステージで行う。先着順。

  • はてなブックマークに追加