買う

広島の港湾エリア倉庫街にカフェ併設セレクトショップ 「Made in瀬戸内」発信

瀬戸内茶房「おちや」店内。襖の奥は畳敷きの個室空間が広がる

瀬戸内茶房「おちや」店内。襖の奥は畳敷きの個室空間が広がる

  •  

 広島の港湾エリアにある倉庫街に9月8日、カフェ併設のセレクトショップ「ENGAWA(エンガワ)」(広島市南区出島1、TEL 082-258-1114)がオープンする。運営は、瀬戸内生活様式研究所(江田島市)。

 今年3月に大型倉庫をリノベーションした「LifeMarket Harbor CLUB(ライフマーットハーバークラブ)」2階フロアの写真館跡に出店。「Made in瀬戸内」の工芸品やお茶の販売やアート展などのイベントを通じて、まだ知られていない瀬戸内や江田島の魅力を発信する。

[広告]

 空間は什器で仕切り、セレクトショップ「E-select shop」では約300点の民芸品や生活用品、食品を取りそろえる。瀬戸内茶房「おちや」では、瀬戸内で作った無農薬のお茶と「旬月神楽」(西区庚午北2)の和菓子を提供する。席数は2人掛けのテーブル4卓、3人以上で利用できる畳敷きの個室6部屋。個室は展示イベントに使うこともあるという。

 支払方法はインバウンド需要を見込み、クレジットカードと電子マネー決済のみで対応する。今後はフロア内にギャラリースペースも新設する予定。

 営業時間は11時~17時(初日は14時~20時30分)。木曜定休。