食べる 暮らす・働く

広島駅新幹線口周辺のエキキタで「スイーツラリー」 14店舗が参加、オリジナルスイーツも

スイーツラリーに合わせてホテルグランヴィア広島が用意した新スイーツ

スイーツラリーに合わせてホテルグランヴィア広島が用意した新スイーツ

  •  
  •  

 広島駅新幹線口周辺エリア(通称エキキタ)で現在、スイーツ提供店を回ってスタンプを集める「スイーツラリー」が開催されている。

 新幹線口広場の整備や二葉の里地区の区画整理事業などにより、広島市の陸の玄関として新たに生まれ変わったエキキタを訪ねてもらおうと、スイーツに焦点を当てた同イベントは今回で4回目。

[広告]

 会期中、300円以上のスイーツ購入者を対象に、にしき堂本店、亀屋本店、バッケンモーツアルト、ケーキハウスミニヨン、パティスリーメイ、パティスリーピノン、ゆめのパン屋さんなど、全14店舗が参加するスタンプラリーを行う。シェラトングランドホテル広島やホテルグランヴィア広島など、8店ではイベント限定スイーツの販売も行う。

 同イベントでは集めたスタンプ数に応じて金額が異なる賞品を用意し、抽選で進呈する。3店舗を回れば1,000円相当、4店舗で2,000円、5店舗で3,000円と商品の金額が上がる仕組みで、全14店舗を回るとホテルでのディナー券がペア1万円相当やカープの観戦チケットも賞品として用意する。応募は参加店店頭で受け付ける。スイーツラリーの台紙は参加店や広島市内の区役所、公民館、文化センターで配布する。

 参加人数は1回目 200人だったが、回を重ねるごとに増え続け、前回は780人を記録した。参加者の比率は応募状況から女性7割、男性3割と男性の申込者も増えているという。

 3月15日まで。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019