暮らす・働く

広大跡地の再開発エリアで交流イベント 地域とゆるやかにつながり、人の輪広げる

シェアオフィス内で開いたワークショップの様子

シェアオフィス内で開いたワークショップの様子

  •  
  •  

 広島市中心部の広島大学本部跡に2016年開業した「hitoto広島」(広島市中区東千田町)と千田エリアをゆるやかにつなぐ交流イベント「千田ぐるぐる」が1月30日、同エリア内の居酒屋「おそ松」(中区千田町1)で開かれる。

 「hitoto広島」は広島大学本部跡の新たなエリアの名称。敷地内には病院や軽費老人ホーム、会員制スポーツクラブ、コンビニ、車販売店のほか、シェアオフィスや交流スペースがあり、2020年には53階建て分譲タワーマンションが完成を予定している。

[広告]

 同イベントはシェアオフィス内で開いたワークショップをきっかけに企画した。千田エリアに新たな住民や関わりを持つ人が増えてきたため、人のつながりを広げ、エリア活性化の機運を高めようと取り組む。

 国道2号線から南側に位置する千田町・鷹野橋エリアの店を不定期に巡るもので、初回は居酒屋を会場に選んだ。定員は20人前後を想定し、会費は当日、割り勘で決める。同イベント担当者は「千田に住んでいらっしゃる方や千田に興味がある方に気軽に参加してもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は19時~21時30分。申し込みはホームページで受け付ける。問い合わせはhitotoまなぶあそぶキャンパス事務局(TEL 082-207-1210)まで。

  • はてなブックマークに追加