見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島大学跡地に「hitoto広島」開業 業種の異なる6施設も随時オープンへ

「hitoto広島」完成予想図

「hitoto広島」完成予想図

  •  
  •  

 広島市中心部の広島大学本部跡(広島市中区東千田町1)に10月8日、「hitoto広島」(ヒトトヒロシマ)が開業する。

自動車ショールーム「CLiP HIROSHIMA」外観

 「hitoto広島」は広島大学本部跡の新たなエリアの名称。跡地には業種の異なる6施設が随時開業を予定しており、今年8月には大型スポーツクラブ「スポーツクラブルネッサンス東千田」が先行して開業。9月末から10月初旬にかけて、自動車ショールーム「CLiP HIROSHIMA(クリップヒロシマ)」や翠清会梶川病院、ケアハウス「ラポーレ東千田」の3施設が相次いでオープンする。

[広告]

 「スポーツクラブルネッサンス東千田」は今年4月から会員募集を始め、開業から約2カ月で会員数は5000人を超えた。会員のうち60歳以上が約4割を超え、平日の昼にもスタジオやテニス、ゴルフなどのスクール利用者が目立つ。

 自動車ショールーム「CLiP HIROSHIMA(クリップヒロシマ)」は広島トヨペットの新業態店。施設は2階建てで1階ショールームでは60インチの12面モニタ―による車両の実物大展示を行う。2階フロアにはイベントやカフェ、ラーニングスペースを併設する。広島の書店「廣文館」がセレクトした書籍約700冊を用意するほか、150インチのプロジェクターを設置し、今後はパブリックビューイングの開催も予定する。

 同エリアはかつて広島で教育の中心として栄えてきた経緯を踏まえ、「知の拠点」として一つのキャンパスに見立て、新たに設立した「一般社団法人hitoto広島タウンマネジメント」が中核となり、学びや新たな体験ができるイベントや交流支援活動などに取り組む。

 このほか、中四国・九州エリア最高階数となる地上54階建ての超高層マンション(665戸)は2020年7月、賃貸マンション(145室)は2017年4月の完成を目指す。10月8・9日には開業イベントを開き、ヨガやキッズテニス、ワークショップなどを予定する。

 広島大学本部跡は広島大学東千田キャンパス、東千田公園、旧理学部1号館の敷地、民間事業者の開発地からなる全体面積11.4ヘクタールの大規模用地。このうち、国立大学財務・経営センターが所有する3.8ヘクタールを三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、菱重ファシリティー&プロパティーズ、トータテ都市開発、広島電鉄、社会福祉法人広島常光福祉会、三井住友ファイナンス&リース、医療法人翠清会、広島トヨペットの9社が、「ひろしま『知の拠点』再生プロジェクト」として跡地の有効活用を目的に事業を進めてきた。

  • はてなブックマークに追加