見る・遊ぶ

広島バルト11に「IMAXデジタルシアター」 オープニング上映は「スター・ウォーズ」

映画館「広島バルト11」に新設したIMAXデジタルシアター

映画館「広島バルト11」に新設したIMAXデジタルシアター

  •  
  •  

 イオンモール広島府中(安芸郡)の映画館「広島バルト11」に12月15日、IMAXデジタルシアターがオープンした。

IMAX導入に合わせて劇場ロビーもリニューアルした

 IMAXデジタルシアターは床から天井、左右の壁まで広がる大型スクリーンが特徴で、座席は通常よりもスクリーンに近い位置に配置する。同館を運営するティ・ジョイ(東京都中央区)によると、視界すべてが画面で満たされるフルパノラマビューで映画の中にいるようなリアルな臨場感を味わえるという。県内での同設備導入は福山エーガル8シネマズ(福山市神辺町)に次いで2館目。

[広告]

 同施設では「シアター10」をIMAX対応シアターにリニューアルし、客席は298席(うち2席は車いす席)。402席あった客席は104席減少した。オープニング作品は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」。今月15日0時からカウントダウン上映を行った。

 IMAX導入に合わせて劇場ロビーも改装し、一部バックヤードを着席カウンターに変更。グッズ売り場をシアター出入り口付近へ拡大移設した。オンラインでのチケット購入者が増えたことからチケット待機場所を減らし、開放感を演出。リニューアル前と変わらず200人が利用できるスペースを確保した。

 IMAXの鑑賞料金は通常料金プラス500円で、IMAX 3Dの場合はプラス900円となる。一般2,300円(2,700円)、大学生・高校生2,000円(2,400円)、3歳~中学生・障がい者手帳1,500円(1,900円)、60歳以上1,600円(2,000円)。カッコ内はIMAX 3D料金。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019