食べる

広島・大手町のカフェ跡に和風バル「TOBIRA」 日本酒の量り売りも

通り側の壁面はリニューアルに合わせてガラス扉に変更した

通り側の壁面はリニューアルに合わせてガラス扉に変更した

  • 0

  •  

 広島・大手町に11月6日、和風バル「WABARU TOBIRA(和バルトビラ)」(広島市中区大手町2、TEL 082-244-3883)がオープンした。

白い壁が特徴の店舗外観

 飲食事業などを手掛けるアルテがフランチャイズで営業してきた和風カフェ「J-CAFE大手町店」を9月末で閉店して、リニューアルした。店名には同店の象徴でもある扉を取り入れた。

[広告]

 店舗面積は約28坪。席数は、カウンター7席、テーブル、28席、小上がりの半個室28席の計63席。ドリンクカウンターは立ち飲みスペースとしても開放する。

 店内フロアを広くするためレイアウトも一新した。リニューアル前から人気だったという小上がりの半個室は上り口に扉を付け、個室感覚で利用できるよう変更。店舗奥のキッチン前にはカウンターを設け、シーンに応じた使い分けができるよう客席の種類を増やした。

 フードメニューは洋食に和の要素を加えた創作料理が中心。一品料理から数人でシェアするメーン料理、鉄製のフライパンを使ったスキレット料理から構成する。ランチ(800円~)は日替わりと月替わりを含むセットメニュー4種を用意する。ドリンクは生ビール(390円)、カクテル、ワイン(以上490円)など。日本酒の量り売りも行い、県外を中心とした銘柄12種類をそろえる。客単価は2,000~3,000円を見込む。

 営業時間はランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~24時(金曜・土曜は翌1時まで)。