多言語の観光ナビアプリ「ひろしまクエスト」、外国人の需要狙い広島県が配信

ハザードマップも見ることができる広島の観光ナビアプリ「ひろしまクエスト」

ハザードマップも見ることができる広島の観光ナビアプリ「ひろしまクエスト」

  •  
  •  

 広島県は現在、海外からの観光客が多い広島の観光情報を多言語で紹介するスマートフォン向けアプリ「ひろしまクエスト」を配信している。

 アプリでは、広島県観光ホームページで紹介する県内のイベントやグルメ、レジャーなどの情報を配信。アプリ用に撮影した写真を掲載するほか、GPS機能を利用して、現在地から目的地までの地図を表示するなど、手軽に持ち歩けるガイドマップとしての活用を呼び掛ける。

[広告]

 外国人観光客を見込み、日本語のほか英語、中国語、韓国語、フランス語の計5カ国語に対応。電話での問い合わせにも応えられるよう、言語ごとに専用回線も設けた。

 配信は昨年11月中旬から開始。「現在までに約1000件ダウンロードされている」と広島県商工労働局観光課の城山さん。観光客の利用が多い広島市や廿日市市、尾道市、福山市の観光案内所やホテルなど、20カ所にもスマートフォンを設置している。

 今後、県内のパワースポットを紹介する動画や、出張などで広島を訪れたビジネスパーソンも短時間で足を伸ばせるような場所の検索機能など、コンテンツ強化も検討する。アプリは県から委託を受けたNTTドコモが開発。次年度以降は広告収入などを運転資金とし、「事業を継続していきたい」という。

 2010年に広島を訪れた外国人観光客は61万8000人。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019