子どもの笑顔モチーフの陶器ベル-広島の陶芸家、震災支援で制作

雑貨店ビアンスールでは、発売から20個弱を売り上げた「スマイルベル」

雑貨店ビアンスールでは、発売から20個弱を売り上げた「スマイルベル」

  •  
  •  

 「子どもたちの笑顔がある日常が、平和の裏返し」――東日本大震災の発生をきっかけに広島の陶芸家が子どもの笑顔をモチーフにした陶器のベル「スマイルベル」を販売している。

ベルの大きさは手のひらサイズ

 被災した子どもたちの笑顔が一日でも早く戻ってほしいとベルの制作を始めたのは、ミノフジカ陶芸教室を主宰する陶芸家の藤川稔さん。震災以降、器のチャリティー販売などを通して、作品の提供を行ってきた藤川さん。スマイルベルは、「制作や教室の合間に無理のないように行う中長期的な支援」を目的に計画したという。

[広告]

 ベルは2003年から2005年までの約2年間、8月6日に「広島から平和を発信しよう」と広島平和記念公園で配布していた「ピースペル」が基になっている。当時、制作したピースベルとスマイルベルでは、「子どもの笑顔が通じるものがあると思った」と、名称を変えて再び制作に取り掛かった。

 現在は、雑貨店「biensur(ビアンスール)」(広島市南区的場町)ほか広島市内3カ所でベルを販売。「被災地の子どもたちのために制作してもらいたい」とベルの色づけやデコレーションなどの体験も10人から受け付ける。制作体験は「園児でもできる内容」。事前の準備が必要なため、幼稚園や小学校など人数が把握できるよう人数制限を設けた。

 ビアンスールでは4月17日から店頭販売を開始。「子どもがモチーフなので、出産祝いに選んだ方もいらっしゃった」とオーナーのミヤザキマミコさん。「メッセージ性のある作品。手にとってもらえる人には伝えたい」とも。

 販売店舗は、「多くの人に協力してもらいたい」と県内外で募集。「細く長く取り組んでいきたい」と少しずつ販路の拡大を目指す。集まった売り上げは全額、定期的に「セーブ・ザ・チルドレン」へ寄付する予定。

 ベルの価格は1個1,000円。制作体験も同額。

SmartNews Awards 2019