買う

広島の雑貨店でアンティーク着物を集めたマルシェ-着付け講師が企画

アンティーク着物や古布が並ぶ「キモノ★マルシェ」の様子

アンティーク着物や古布が並ぶ「キモノ★マルシェ」の様子

  •  
  •  

 繊維問屋が並ぶ広島・的場の雑貨ビル「bien sur(ビァンスール)」(広島市南区的場町1)で1月22日・23日、アンティーク着物や布生地を販売する「キモノ★マルシェ」が開催される。

 古布やリメーク用着物の販売店「福傘~ふくさん~」(愛媛県愛媛市)で取り扱うアンティーク着物や帯、羽織、小物など千点以上を集めた同イベント。広島での開催は5回目。今回は、新しくアンティーク着物店「KIRUKIRU」(同)の商品も扱う。

[広告]

 イベントを取り仕切るのは、広島で着付け教室や着物イベントを行う「放課後キモノ倶楽部」(中区橋本町、TEL 080-1637-0879)を主宰する板羽エミコさん。着物を通して知り合った友人から同店を紹介され、「広島でイベントの開催場所を探している」と相談を受けた板羽さん。同時期に開講した、着付け教室の受講者に向けて、「アンティーク着物を安価で購入できる場を提供したかった。お互いタイミングがよかった」とイベントを行うきっかけを振り返る。

 商品は100円から販売。アンティーク着物は、多少の染みや汚れがあるが、2,000円~3,000円の価格帯を中心にそろえる。会場には、アンティーク着物に興味を持っている女性客の姿が目立ち、「広島で安く着物を買える場所を探している方が多いのでは」と板羽さん。「多くの着物に触れてもらえれば」と来場を呼びかける。販売イベントはおととし9月の初開催以降、年3回のペースで定期的に開いている。

 開催時間は11時~18時(23日は16時閉場)。

SmartNews Awards 2019