天気予報

11

1

みん経トピックス

特集

エリア特集2015-08-28

広島から0泊1日で楽しめる「近場」旅《遊覧船で海上から巡る「呉」》

旧海軍施設や海上自衛隊の基地がある呉。36万個のレンガで舗装した商店街「れんがどおり」には長年、地域とつながってきた地元の店がずらりと並ぶ。今回は2015年に開館10周年を迎えた大和ミュージアムに隣接する呉中央桟橋から期間限定で運航している港湾クルーズ便に乗り、海から呉の名所を巡った。


「音戸の瀬戸」をぐるりと一周

普段と違った角度から見学できる海上クルーズ。大和ミュージアムに隣接する呉中央桟橋からは、土曜・日曜を中心に港湾クルーズ便が運航。子ども連れの家族から海外から訪れた観光客まで、利用者層は幅広い。

乗船した遊覧船は2階建て構造で2階デッキも開放していた。潮風を感じながら、より鮮明に風景を楽しめるとあって、乗船後は多くの人がまずデッキへ向かう。船内では、運行ルート上の見どころを「マリンガイド」が案内してくれるサービスも。周辺の立地に詳しくなくても楽しめる配慮がうれしい。

呉湾を出発すると、停泊中の自衛艦や旧軍施設のあった島が続く。折り返し地点は、日本で一番短い海上定期航路が就航する「音戸の瀬戸」。急潮流の中、呉市警固屋~音戸町の90メートルを結ぶ「音戸の渡し船」は、長さ9メートルの木造船で行き来する。片道はおよそ3分。5時半から21時まで運航する。

アクセス

名称:呉中央桟橋(くれちゅうおうさんばし)

住所:呉市宝町4-44 呉中央桟橋ターミナル

10分の1サイズの戦艦「大和」などを展示する大和ミュージアムに隣接する。建物はレンガ調の外壁に青銅色屋根のシンボルドームが特徴。5階フロアは展望室として開放している。

ジモトのうまいもん

呉グルメと言えば、「呉冷麺」。土曜・日曜には長い行列が店の前にできる。

地ビール「海軍さんの麦酒」でおなじみ、地ビールレストラン横には目を引く黄色いお店が。とびしまの名産・レモンを中心とした特産品を販売する「とびしま柑橘倶楽部@View Port Kure」だ。店名にある「とびしま」は、安芸灘とびしま海道によって結ばれる「下蒲刈」「蒲刈」「豊浜」「豊」「関前」の総称で、同店は川尻店に続いて2店舗目。2015年5月にオープンしたばかりの店内では食事やスイーツも楽しめる。

「呉」「瀬戸内海」関連ニュース

広島から0泊1日で楽しめる「近場」旅とは
遠出の旅行まではりきらずとも、ソコソコの予算と詰め込みすぎないスケジュールで気軽に出かけることができる「近場」旅。広島経済新聞では、広島から1日、2日の休みを利用してふらりと出かけることのできる場所や見どころをご紹介します。

グローバルフォトニュース