宮島がモチーフの「萌え」もみじまんじゅう-広島の老舗が発売

萌え系イラストパッケージのもみじまんじゅう「もみまん。」

萌え系イラストパッケージのもみじまんじゅう「もみまん。」

  •  

 広島・宮島の桟橋正面でもみじまんじゅうなど和菓子の製造販売を手がける後藤製菓(広島県廿日市市、TEL 0829-44-0256)は昨年12月24日、萌え系イラストパッケージのもみじまんじゅう「もみまん。」の販売を始めた。

おまけとして封入される円形ステッカー

 同店で販売するもみじまんじゅうのネーミングを「もみまん。」に改め、厳島神社の三女神に仕える神様見習いの少女「もみ子」と純ニホンジカ(オス)「アルフレッド後藤」のキャラクターをパッケージにあしらった同商品。おまけとして、キャラクターや厳島神社の大鳥居を描いた円形ステッカーも封入する。パッケージのイラストは「萌え」つけ麺やちりめんのイラストも手がけた広島オタクマップが担当している。

[広告]

 「『萌え』に興味を持つ県内外からの購入を見込んで発売した」(同社の後藤政彦社長)商品は、発売から間もないため「飛び抜けて売れているわけではない」と後藤社長。宮島の本店・宮内店の2店舗とインターネットで販売しており、現在は店舗での購入が多いという。今後の展開については、「売れ行きによって考えていく」としている。

 価格は、こしあん8個1セットで700円。