広島で「メキシカンプロレス」フェア-ド派手なマスクのアイテムも

色鮮やかなプロレスラーの平型キーホルダー(1,365円)は種類も豊富

色鮮やかなプロレスラーの平型キーホルダー(1,365円)は種類も豊富

  • 0

  •  

 ド派手なマスクが特徴的なメキシカンプロレス「ルチャ・リブレ」をテーマにしたメキシコフェア「ロカフェスタ」が現在、日用品店「CASICO(カシコ)」(広島市中区立町、TEL 082-246-9705)で開催されている。

レスラーの名前はイラストで紹介

 メキシコでは国技とも言われるほど盛んなプロレス関連グッズを集めた同フェア。メキシコから仕入れた色鮮やかなキーホルダー(1,365円~)や携帯ストラップ(945円)、Tシャツ(3,150円)などのグッズをそろえた。種類とカラーが豊富なキーホルダーは女性に好評で、色や選手の表情で購入を決めていく人が多いという。

[広告]

 フェア期間中は、同店の客層とは異なるプロレス好きな男性の来店も目立ち、一つのアイテムを色違いで購入していく人も。思わぬ反響に同店を運営するワンダーフォーゲルの岸けんじさんは「プロレスにこんなに興味があるのか」と驚きを隠せず、「需要があるなら」と開催期間を当初の予定より約1週間延長した。

 プロレスグッズを陳列するコーナーには、シルバーの産地としても知られるメキシコのシルバーアクセサリーも並べている。フェアに関連して、同ビル内のバー「ロクスタ」では、タコス(840円)やナチョスチーズ(630円)などのメキシカンフードのほか、ミントビア(700円)、コロナビール(600円)、メキシコーラ(700円)、モヒート(800円)などのアルコールを提供し、フェアを盛り上げる。

 営業時間は12時~20時。木曜定休。フェアは今月23日まで。