家具と建築物をコラボ展示-広島を拠点にする若手建築家が二人展

Cassina ixc.広島店内、2階フロアには家具と建築模型やパネルが展示される

Cassina ixc.広島店内、2階フロアには家具と建築模型やパネルが展示される

  •  
  •  

 家具と建築物のコラボレーション展示会――インテリア家具の輸入・販売などを手がける「Cassina ixc.広島 (カッシーナ・イクスシー)」(広島市中区千田町2、TEL 082-248-4280)では現在、広島を拠点に活動する若手建築家の建築展「WORLD STANDARD」を開催している。

会場に展示される建築模型

 海外での設計経験をもとに広島を拠点に活動する若手建築家の土井一秀さんと小川文象さんによる二人展では、若手建築家の登竜門といわれる「SDレビュー」入選作品を展示。中でも住宅建築をメーンにパネルや作品模型、映像をそろえる。SDレビューは、実際に「建てる」という現実の中で、設計者が一つの明確なコンセプトを導き出す、思考の過程をドローイングと模型によって示そうというもの。土井さんと小川さんは昨年入選を果たした。

[広告]

 同店2階の展示スペースには、同店で販売するソファやテーブルなどの家具もディスプレーしていることから、同店プランナー今井政允さんは、「(作品を)家具と共存する形で展示している」と話す。

 これまで同店では、取り扱っている家具の新作が発表されるたびに展示会を開催していたが、今回のような「企画展は久しぶり」(同)。同時展示する同店のソファに腰掛け、リラックスしながら「建築家の作品を感じて欲しい」とも。建築家の小川さんは、「一般にあまり知られていない『建築家』がどういうことをしているのかを伝える場にしたい」と意欲を見せる。

 展示時間は10時~19時。入場は無料。26日にはレセプションパーティー18時~21時を開催する。

  • はてなブックマークに追加