広島の照明器具店にユニーク・キャンドル-オバマ大統領がモチーフの品も

箱には「Yes,We candle…」の文字が描かれるオバマ米大統領のキャンドル

箱には「Yes,We candle…」の文字が描かれるオバマ米大統領のキャンドル

  • 0

  •  

 夏至前夜の6月20日に始まる「100万人のキャンドルナイト」を前に、広島の照明器具店「あかりや」(広島市西区、TEL 082-509-0007)はオバマ米大統領やリアルな動物に似せたユニークなキャンドルを販売している。

オブジェとして飾ることもできるキャンドル

 取り扱うのは、「雑貨店であまり見かけないものを中心にそろえた」(同店の竹本美香さん)デザインがユニークな「オブジェキャンドル」。現在「人気が高い」(同店)のは、オバマ米大統領をかたどった「LOVE IT AND LIGHT THE WAY」キャンドル(3,990円)。ブラック・グリーン・オレンジの3色で展開しており、箱には「Yes,We candle…」の文字も。

[広告]

 このほか、ロシアの政治家・レーニンをかたどった「LOVE IT BURN IT」キャンドル(ブラック・レッド、各3,465円)や「リアルシロクマ」や「リアルペンギン」(以上2,000円)、コーヒーの香りがするアロマキャンドル(1,365円)、電球の形をした「Bougie(ブジー)」(1,260円)など、デザインが豊富な海外製のキャンドルが目立つ。

 ブライダルシーンで利用が多い、火をともすとオレンジ、パープル、グリーンに明かりが変化するキャンドルやろうそくの中のLEDが熱に反応して変化するキャンドルも扱っており、店内には約10種類のキャンドルをディスプレーする。

 同店では、今回のキャンドルナイトをきっかけにキャンドルの取り扱いを開始。「キャンドルも明かりの一つ」と竹本さん。現在は、照明器具を目的に来店した客が購入することが多く、男性客が多いという。プレゼントとしてキャンドルを購入する客もいることから、今後は要望を取り入れながら商品展開を行っていく。

 6月20日にはレストラン「Gooska」(中区三川町)にて20時~22時の間キャンドルナイトイベントを実施し、同店で販売しているオバマ米大統領や電球などのキャンドルにも火をともす。イベントへの問い合わせは同店まで。

 営業時間11時~19時。祝日定休。