京都の劇団「ヨーロッパ企画」-結成10周年で広島初公演

写真=公演後のロビーで語る上田さん

写真=公演後のロビーで語る上田さん

  • 0

  •  

 結成10周年を迎えた京都の劇団「ヨーロッパ企画」が、広島アステールプラザ中ホール(広島市中区加古町4)で6月17日、第26回公演となる舞台「あんなに優しかったゴーレム」を行った。広島では初公演。

 京都を拠点に活動している同劇団は、1998年に同志社大学演劇サークル「同士社小劇場」内で、上田誠さん、諏訪雅さん、永野宗典さんによって結成された。所属する役者のほとんどがスタッフを兼任している。

[広告]

 初公演となる広島でのチケット約500枚は公演1週間前に完売。観客の大半は20~30代の男女。平日の公演ということもあって、スーツ姿の男性も目立った。

 公演中は、客席から笑い声が飛び出す一幕もあり、約2時間の舞台を終えるとアンコールの拍手が客席から起こった。同劇団代表で、脚本・演出を手がける上田さんもアンコールに登場し、「アンコールなんて初めて」と広島公演の手応えをつかんだ様子。公演後の会場では「見に来てよかった」と話す観客の姿も。

 同公演は、福岡と東京でも行われる。

ヨーロッパ企画京都の劇団「ヨーロッパ企画」、過去作品上映でイムズ公演をPR(博多経済新聞)京都の劇団「ヨーロッパ企画」、天神イムズで結成10周年公演へ(天神経済新聞)劇団「ヨーロッパ企画」、結成10周年で記念ツアー、京都を皮切りに(烏丸経済新聞)「赤毛のアン」中四国地区オーディション-15人が最終審査に(広島経済新聞)

  • はてなブックマークに追加