食べる 買う

広島空港に「Made in ピエール・エルメ」 中四国地方へ初出店

中四国地方へ初出店した「Made in ピエール・エルメ 広島空港」

中四国地方へ初出店した「Made in ピエール・エルメ 広島空港」

  • 12

  •  

 広島空港(三原市本郷町)に12月17日、著名なフランス人パティシエ、ピエール・エルメさんが日本でセレクトした食品や生産者とコラボした商品を販売するコンセプトショップ「Made in ピエール・エルメ 広島空港」(TEL 090-8141-5977)がオープンした。中四国地方への出店は今回が初めて。

[広告]

 店舗面積は約8平方メートル。2階フロアの国内線保安検査場の前に出店し、旅行中のおやつや、手土産用のギフト商品を用意する。葛飾北斎や歌川広重の浮世絵をモチーフにしたボックスに入ったマカロンや日本の素材を使ったクランチチョコレート、焼き菓子、日本の生産者とコラボレーションした食料品などをそろえる。

 「Made in ピエール・エルメ」は2018(平成30)年に1号店を東京・丸の内に出店。その後も東京駅、吉祥寺、福岡空港、中部国際空港などに展開してきた。広島空港には、中四国地方の中心である広島空港に可能性を感じて出店したという。

 営業時間は10時~18時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース