食べる 見る・遊ぶ 買う

広島空港周辺に「空の駅」 八天堂と共同開発したスイーツ展開

「八天堂ビレッジ」内にオープンした「空の駅オーチャード」のイメージパース

「八天堂ビレッジ」内にオープンした「空の駅オーチャード」のイメージパース

  • 34

  •  

 広島空港周辺に10月31日、「くりーむパン」などを販売する製パン業の「八天堂」と共同開発したプライベート商品などを販売する「空の駅オーチャード」(三原市本郷町善入寺用倉山、TEL 0848-60-8380)がオープンした。

 三原・世羅地区の地域資源を活かした観光地域づくり法人を目指す空・道・港(三原市本郷町)が運営する。施設は、「くりーむパン」の製造過程を見学できる「八天堂広島みはら臨空工場」や、パン作り体験ができる「八天堂カフェリエ」を中心に開発が進む「八天堂ビレッジ」内に構える。

[広告]

 施設面積は約100坪。果物加工品や地元産品約300点を取り扱うほか、テークアウトできるフルーツパフェやフルーツドリンク、メロンパンはECサイトでも販売する。施設では毎月、「旬の果物」をテーマにしたマルシェ形式のイベントを企画し、広島空港周辺に新たなにぎわいを生み出す。

 駐車場台数は約80台。