見る・遊ぶ 学ぶ・知る

広島駅北口に「コミュニティ広場」 フットサルコート併設、JR西広島支社の跡地に

JR西日本広島支社跡地暫定開発で誕生するコミュニティ広場のイメージ画像(c)中国SC開発

JR西日本広島支社跡地暫定開発で誕生するコミュニティ広場のイメージ画像(c)中国SC開発

  • 24

  •  

 広島駅北口にあるJR西日本広島支社(広島市東区二葉の里)の旧社屋跡地の一部に2022年秋、コミュニティ広場が誕生する。

イベント広場やフットサルコート併設する開発予定地

[広告]

 JR西日本広島支社は2020年11月末、大須賀町の新支社ビルに移転。一部事務所は数年程度、継続して利用するが、建屋を撤去した跡地の暫定的な活用法として、広島駅前のにぎわいを創出できる場所作りを検討してきた。

 運営者は駅ビルの管理運営などを行う「中国SC開発」(南区松原町)。開発エリアの総面積は約 1480平方メートル。「つながる」「集う」「生み出す」をキーワードに開発を進め、年間を通してさまざまイベントを開く芝生広場(約520平方メートル)と、サンフレッチェ広島(中区大手町)が運営する多目的コート(約 960平方メートル)で構成する。

 自由にくつろぎ、日常使いができる芝生広場は、イベント会場として使い、コミュニティーを形成する集いのゾーン。中国SC開発やサンフレッチェ広島のほか、各企業や地方自治体も活用する予定。多目的コートには人工芝のフットサルコートと3X3のハードコートを一面ずつ備える。照明も用意し、夜もスポーツを楽しめる。スポーツに限らず、ワークショップやイベントにも活用する。

 今回の跡地再開発では、2025年春開業予定の広島新駅ビル屋上広場の展開につながる暫定開発と位置づけ、広島駅周辺エリアの新たなコミュニティー基盤の構築を目指す。

 開業は2022 年秋ごろ。運用は数年程度の予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース