食べる 買う

広島・西条で日本酒キャンペーン 限定酒など酒蔵直送、販売促進で

灘(兵庫県)、伏見(京都府)と並ぶ「日本三大銘醸地」の東広島市西条。日本酒の購入を呼び掛けるキャンペーンを始めた

灘(兵庫県)、伏見(京都府)と並ぶ「日本三大銘醸地」の東広島市西条。日本酒の購入を呼び掛けるキャンペーンを始めた

  • 22

  •  

 広島県東広島市が10月1日、日本酒販売を促進するキャンペーン「東広島の日本酒でKANPAI」を開始した。

[広告]

 東広島市の西条は、灘(兵庫県)、伏見(京都府)と並ぶ日本三大銘醸地。西条酒蔵通りには8つの酒蔵があり、毎年秋には、伝統産業である日本酒をメインにした大規模イベント「酒まつり」も開催されている。「酒まつり」は、新型コロナウイルスの影響で2020年から例年通りの開催を中止し、オンラインを活用して開いている。

 コロナ禍で日本酒の売り上げも大きく落ち込み、酒米農家にも影響が出ていることから、東広島市が販促キャンペーンを期間限定で企画した。東広島市内の酒造会社が運営するECサイトなどで日本酒を2,000円以上購入すると送料が無料になるほか、東広島市内の酒販小売店で2,000円以上購入すると、総額から500円を割り引く。

 酒造会社では、「酒まつり」で販売予定だった期間限定酒や杜氏(とうじ)自慢の大吟醸、絞りたての新酒などを蔵元から直送する。同市では、「自宅で過ごす時間が多い今だからこそ、自宅で東広島の伝統である日本酒を飲んでもらいたい」と呼び掛ける。

 10月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース